IPv4

なぜITを導入するのか?

その10 ブティックにおけるIT効果

 

こんにちは。

今回も前回の続きとして、ブティックにおけるIT効果のお話をさせて頂きます。

 

 

個人経営が多い街のブティックでのIT活用は、商品管理と宣伝広告でしょう。

 

まずは商品管理についてですが、手作業で台帳管理をされている店舗も多いかと思います。

そこでお勧めしたいのが、販売管理ソフトです。

在庫から販売、売上まで管理することが出来ます。

 

また顧客管理機能付のソフトの場合、お客様ごと商品の好みの【傾向】が分かる為、仕入れの無駄が減ることに繋がります。

 

 

販売管理ソフトは6万円程度で購入出来ます。

 

1人経営の店舗で考えた場合(5年償却)

60,000円÷60(ヶ月)=1,000円

 

これも1人千円のIT効果です。

 

 

次に宣伝広告ですが、大手ECサイトを利用する方法と、個別に宣伝する方法があります。

 

大手ECサイト【楽天・yahooショッピング】などは、出店料や中間マージン等が発生しますし、基準や条件等もあるため、出店もそう簡単ではありません。

 

それならば、自身の店舗専用のECサイトを作る方法があります。

ECサイトを構築し、SNSで宣伝し、店舗を全国に展開する。

独自性の強い商品を扱っている店舗では、売上増が見込まれます

なお、構築や宣伝が難しい場合、弊社の様な運用代行に任せるのも一案です。

 

 

ECサイトの構築料は20万円から、月額保守料金は5万円程度です。

ECサイト構築は初期費用が掛かりますが、大手ECサイトの様に中間費用を引かれない分、店舗の売り上げは大きいです

 

今日はブティックのIT効果についてお話させて頂きました。

 

 

次回も業種・業態ごとの1人千円のIT効果のお話をさせて頂きます。

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。